非公開求人の秘密


今日は、転職エージェントが保有している「非公開求人」についてのお話をしたいと思います。

非公開求人とは、文字通り一般には公開されていない求人のことを指し、多くの転職エージェントは、この非公開求人に応募できることを自社に登録するメリットとして訴求しています。

実際に、企業は全ての採用活動状況を公開しているわけではありません。

ここでは、非公開求人の裏事情について詳しくお話ししていきます。

非公開求人の種類

転職エージェントにおける非公開求人の種類は、大きく下記の3つに分けられます。

  • 転職エージェント内では公開・サイト上は社名のみ非公開
  • 転職エージェント内では公開・サイト上は非公開
  • 転職エージェント内でも完全非公開

一つ目は、転職エージェントに登録さえすれば求人の全てが見られるものの、サイト上では社名だけが非公開になっている求人です。

二つ目は、転職エージェントに登録さえすれば求人の全てが見られるものの、業界や業務の特性上、社名非公開だとしてもサイト上への公開は控えている場合です。

ニッチな業界・職種の求人の場合、社名だけ隠しても仕事内容や条件などを見れば簡単に企業が特定できてしまうケースもあります。こうした場合、この二つ目のパターンがとられます。

そして三つ目は、転職エージェントに登録したとしても全員が見られるわけではないケースです。転職エージェントの求人検索システムには引っ掛からず、ある条件を満たした特定の求職者にしか案内がされない求人というのも存在しています。

なぜ企業は非公開求人を依頼するのか?

そもそも、企業はなぜ非公開求人を依頼するのでしょうか?

企業が非公開求人形式で採用活動を展開するのには様々な理由がありますが、そもそも「誰に知られたくないのか」という観点から整理すると、下記のように整理することができます。

競合他社に知られたくない

  • 採用人材要件から今後の経営戦略や事業戦略が分かってしまう
  • 水面下で進めている新規事業プロジェクトの求人である
  • 役員・幹部クラスの採用である
  • 重要なポジションで欠員が出たことを知られたくない etc

自社の社員に知られたくない

  • 欠員補充のための採用だが、欠員予定にあることを社内に公開できない
  • 既存社員のリプレイスを目的とした採用活動である(外資系企業に多い)
  • 他部門ではリストラをしているところもあるため、採用活動を大ぴらにはできない etc

求職者に知られたくない

  • 公開すると応募者が集まりすぎてオペレーションに支障をきたすため
  • 採用意欲がそこまで高くなく、いい人がいれば、というスタンスのため
  • 特定の限られたターゲットに対してただけリーチしたいため etc

このように、企業が非公開求人形式で転職エージェントに人材紹介を依頼するのには、様々な背景があるのです。

実は「非公開」である必要はない求人たち

しかし、これはあくまで一般的な理論上の話であり、実際に転職エージェントで働いた経験がある著者の感覚としては、ここまで深く考えて採用活動を非公開にするかどうかを決めている企業は、実はそれほど多くないのではないかと思います。

リプレイスに伴う中途採用が多い外資系企業や、採用戦略がしっかりしている大手企業の場合、あえて非公開求人を選択しているケースもあるのですが、それ以外の企業の採用の現場では、それほど公開・非公開を意識していないというのが現状です。

それでは、なぜ転職エージェントには「非公開求人8割」などのように、数多くの非公開求人が集まるのでしょうか。

現状を正確に説明するとすれば、非公開求人形式で採用活動をしたい企業が転職エージェントに求人を依頼するケースよりは、非公開・公開にこだわらない企業の求人も、転職エージェントが意図する・しないに関わらず「非公開求人」として扱っているケースのほうが圧倒的に多いのではないかと思います。

実際に私は転職エージェントとしてこれまでに200社以上の企業と接してきましたが、求人のオファーを頂く際に「非公開求人にしてくれ」と依頼されたことは数えるほどしかありません。

中小企業やベンチャー企業の採用担当者であればそもそも「非公開求人」の意味すら分かっていないこともありますし、分かっていたとしても、むしろ「求人を公開してたくさんの人に見てもらいたい!」と言われるケースのほうが多かったです。

ちなみに、「意図する・しないに関わらず」といったのは、転職エージェントが企業から依頼された求人を非公開求人にするかどうかは、実は転職エージェントの社内で恣意的に決められるケースもとても多いからです。

例えば、「企業から特に指定がなかった場合には全て非公開求人とする」というシステム設計を取り入れている転職エージェントであれば、企業担当が企業側に確認を取ることを怠った場合、新しく入ってきた求人は全て非公開求人になってしまいます。

転職エージェントは求人をデータベースで管理していますが、データベースに求人情報を入力する際、デフォルトの選択項目で「非公開求人」にチェックがついており、営業担当がそのチェックを外さない限り、そのまま非公開求人として登録される、といったようなイメージですね。

この場合、転職エージェントの企業担当一人一人は公開・非公開について意識をしていなくても、自然と非公開求人の比率はどんどん高まっていくはずです。

その逆に、意図的にこうした業務フローを組み入れている転職エージェントも存在します。なぜなら、「非公開求人8割」といった訴求メッセージは、求職者の会員登録募集の際にとても効果的だからです。

非公開求人の割合が高いとなれば、実際に非公開求人の中に自分にフィットした求人があるかないかに関わらず、「もしかしたらいい求人を見逃すかも」という気持ちが生まれることで、登録するインセンティブが発生するのです。

そのため、求職者募集の観点から、本来は公開しても何ら問題ない求人をあえて非公開求人として取り扱っている転職エージェントも、意外と多いのではないかと思います。

「非公開求人」は皆が思うほど非公開ではない?

上記のように、実は転職エージェントが扱っている非公開求人の全て本当に厳密な意味での「非公開求人」なのかというと、決してそんなことはありません。

「非公開求人」と言っておきながら、求人サイトや自社HPに思い切り掲載されている求人などたくさんありますし、むしろそちらの割合のほうが高いのではないかとすら思ってしまいます。

そのため、「非公開求人」にアクセスできないことで過度に損した気持ちになる必要はありませんし、その逆に過度な期待もできない、ということです。

転職支援会社に登録するときは、ぜひその点を理解した上で、表面上の言葉だけに惑わされないようにしましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です