転職エージェント内で書類選考があるってホント?


本日は、書類選考にまつわるホントのトコロをお伝えしていきます。

転職エージェントに関する質問の中でも特に多いのが、この疑問です。

転職エージェント経由で企業に応募すると、自分の履歴書や職務経歴書が企業に届く前に、転職エージェント内で一度選考が行われ、そこで落ちてしまうと、自分の履歴書や職務経歴書はなんと応募企業に送られることがないまま選考落ちの連絡が来る、という話ですね。

もしこれが本当だとしたら、「企業に書類を見せずに勝手に落としてしまうなんて、転職エージェントはなんてひどいことをしてるんだ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

インターネットの情報を見ていると、「そんなの常識だ」という意見もあれば、「そんなことするわけないだろう」という意見もあり、転職エージェントのホームページを見ていても、社内選考に関する記述はありませんので、真実は錯綜しているといったところが現状ではないかと思います。

実際のところ、本当に転職エージェント社内で書類選考は行われているのでしょうか。

結論からいきましょう。

答えは、イエスです。

実際に、転職エージェント社内で、皆さんの応募書類はふるいにかけられており、全ての書類が企業のもとへと届くわけではありません。

書類選考落ちの結果連絡をもらうときは、社内選考に落ちたのか、それとも企業の人事担当者の目によって落とされたのかまでは教えてくれませんので、求職者側からすると真実は分からないのですが、たしかにエージェント内での書類選考は行われています。

正確に言えば、社内での書類選考は全ての転職エージェントがやっているわけではありませんが、皆さんが名前をよく知っているような大手の転職エージェントの場合、ほとんどのケースでは社内で一度書類選考を行っています。

社内選考をする転職エージェントとしない転職エージェント

それでは、社内選考をする転職エージェントは、僕らの希望を勝手に踏みにじる悪徳エージェントで、社内選考をせずに応募した書類は確実に企業に届けてくれる転職エージェントは良心的なエージェントなのかというと、別にそういうわけではありません。

これは、転職エージェントというビジネスの仕組みが関係しているのです。

どういうことかを詳しく説明していきます。

社内で書類選考をするかどうかは、転職エージェントのタイプにより異なってきます。

  • 企業担当と求職者担当が別々の転職エージェント
  • 企業担当と求職者担当が一緒の転職エージェント

転職エージェントには、上記のように2種類のタイプのエージェントが存在しています。

前者の場合は企業担当と求職者担当のアドバイザーが分かれており、分業制のスタイルをとっています。

大手の転職エージェントのほとんどはこの分業制スタイルをとっています。

そして、後者の場合は、1人のコンサルタントが企業へも訪問しますし、求職者との面談もこなすことになります。

主に中小の転職エージェントや、個人でやっているような会社の場合にはこちらのスタイルをとっています。

1人2役をこなすという意味で、業界内では両面(りゃんめん)型エージェントと呼ばれることもあります。

賢い方はお気づきかもしれませんが、転職エージェントの中でも、社内で書類選考をしているのは前者のタイプの転職エージェントです。

それでは、企業担当と求職者担当が分かれている分業型の転職エージェントは、なぜ社内で書類選考をしているのでしょうか。

企業担当と求職者担当の目線が合っていない

転職エージェントは、企業側の視点から見ると採用のコンサルタントであり、求職者の視点から見ると転職のコンサルタントという、2面性を持っています。

採用のコンサルティングに必要なスキルと、転職のカウンセリングに必要なスキルや専門性は異なりますので、転職エージェントは大手になればなるほど、経営の効率性を重視して両者の仕事を分業制にすることが多くなります。

しかしここで問題なのは、一度分業にしてしまうと、企業担当と求職者担当の目線がどんどんとずれていってしまうということです。

目線がずれるとはどういうことかというと、下記のような意味だと理解してください。

  • 企業担当の目線:
    この企業は、このレベルの人材なら内定を出してくれるという採用ライン。
  • 求職者担当の目線:
    この人材は、この企業なら内定が獲得できるという内定ライン。

ここでは、企業担当が考えている採用規準と、求職者担当が考えている採用基準が違ってしまっていることを「目線がずれている」と表現しています。

企業と求職者のマッチングを実現するためには、本来であれば企業担当と求職者担当の間で、上記の目線がしっかりと摺り合わせ出来ていることが必要となります。

しかし、企業担当と求職者担当が別々になってしまうと、この目線の摺合せはそう簡単にはできなくなります。

大手になればなるほど保有求人数も増えていき、数万件の求人情報を抱えることになります。

キャリアアドバイザーは、それらすべての求人の内容や企業担当の採用目線を完全に把握することはできませんし、仮に自分の担当領域の求人だけだとしても、全てを把握することはかなり難しいのです。

そのため、キャリアアドバイザーの視点からは「この人なら合格できるかも」と思って求人を紹介し、その求人を見て興味を持った求職者が応募してくれたとしても、その応募書類が企業担当の手に渡ったときに、「いやいやこの人はこの企業には推薦できないよ」となって、企業には書類が送られず、エージェント社内でアウト、いうことが起こってしまうのです。

企業担当の役割は採用のコンサルティング

このような事態が起こる背景は、転職エージェントで働いている企業担当の役割を理解することで、より深く分かるようになります。

転職エージェントの企業担当は、企業に対して採用のコンサルティングを行う法人営業マンです。

企業担当のミッションは企業の採用を成功に導くことであり、企業のために働いているのです。

転職エージェントが企業に営業する際に渡すパンフレットを見れば分かることですが、そのパンフレットの中には転職エージェントを利用して採用活動を行う付加価値の一つとして、はっきりと「候補者のスクリーニング」という言葉が登場しています。

企業としては、応募要件を満たさない求職者に対する対応はとてもコストがかかるので、その部分をアウトソーシングしたいと言う気持ちがあるわけです。

かりに企業が自社で求人広告を出稿したりすると、いくら求人条件を絞ったとしても、必ず応募条件を満たさない人からの応募がたくさん来てしまいます。

そのような方に断りの連絡を入れるだけでも、企業からするとかなりの手間になるのです。1日に応募が何十件・何百件も来るような人気企業の場合であればなおさらですね。

「自社の代わりに候補者のスクリーニングして、本当に採用条件を満たす人だけをピイポイントで紹介してほしい」と言う企業の依頼に対して、もし転職エージェントの企業担当がそんなことはお構いなしに応募があった書類の全てをどんどんと企業に紹介していたら、きっと企業の人事担当者に「一体きみは何のためにいるんだね」と一喝されて、取引が終了になって終わりでしょう。

恐らく次の日には違う転職エージェントに声がかかっていることだと思います。

企業の視点から考えれば、転職エージェントは本当に採用条件を満たした一握りの人材だけをしっかりと紹介してくれ、場合によってはそうした人材の採用に向けて様々なアドバイス・支援をしてくれて、採用効率を向上させてくれることが何よりの付加価値なのです。

しかし、そうした企業の気持ちをいくら転職エージェントの企業担当が理解していたとしても、その企業の採用目線を正確に社内のキャリアアドバイザー(求職者担当)に伝えることができなければ、どうしても採用ラインに到達しない人へとその求人は紹介されてしまうのです。

この企業担当と求職者担当の目線を擦りあわせることは、マッチング率を上げる上での重要課題であり、マッチング率の向上は転職エージェントビジネスにとって最重要なポイントですから、分業制を敷いている大手転職エージェント各社は、少しでも目線摺り合わせが上手く行くように、企業担当と求職者担当の情報共有会を頻繁に開催したりして、マッチング率の向上に向けた努力を行っています。

しかし現実には、何万件もある求人と、何万人もいる求職者を的確にマッチングすることはかなり難しいので、どうしても転職エージェント社内での書類選考落ち、という事態が起こってしまうわけですね。

転職エージェントの社内選考に通過しても、企業内での選考に落ちるケース

次は、転職エージェントの社内選考を無事に通過して応募書類が企業の元へと届いても、企業内の選考で落ちてしまうケースのことを考えてみましょう。

このケースの場合、主な原因として考えられるのは、下記の3つです。

  • 企業の採用担当者と、転職エージェントの企業担当者の目線が合っていない
  • 応募条件はクリアしていたが、候補者が複数いて相互比較で落とされた
  • やむをえない理由で落とされた

それぞれについて詳しく解説していきます。

企業の採用担当者と、転職エージェントの企業担当者の目線が合っていない

一つ目のケースはとても良くあります。今度は、転職エージェント社内で企業担当と求職者担当の目線が合っていないのではなく、企業の採用担当者と転職エージェントの企業担当の目線が合っていないケースです。

転職エージェントの企業担当としては、「この人なら書類選考に通過すると思っていたのに、落された」という感じですね。

このときの企業の採用担当者の気持ちとしては、「あれだけ応募条件をしっかり伝えたのに、なんでこんな人を送ってくるんだよ」という感じでしょうか。

なんだかこれだけ聞くと、「それは転職エージェントの企業担当がイマイチなんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

企業担当のヒアリング力や理解力に問題があるケースも当然ありますが、その逆に企業の採用担当者が、本当の採用基準を正しく転職エージェントに伝えきれていないケースも多いのです。

例えば、「弊社は学歴は気にしません。経験だけを重視します。」なんて言っておきながら、いざ10名の候補者を紹介してみて、5名が合格、5名が不合格だったときに、合格者の共通点を見てみると全員が6大学卒だった、なんていう話は日常茶飯事なのです。

転職エージェントの企業担当の立場からすると「言っていることとやっていることが違うじゃないか!」と突っ込みたくなるのですが、企業も全ての担当者が採用のプロなわけでもないので、こうしたことは頻繁に起こるわけです。

また、求人内容と応募条件を転職エージェントに伝える担当者と、実際に書類選考を行う担当者が企業内で異なる場合にも、こうしたことが起こります。

「書類選考は現場の人間は行います」などと言われたときは、ベテランの採用コンサルタントであれば危険フラグを立てて、実際に書類選考を行う現場社員へのヒアリングを提案するでしょう。

現場の採用ニーズを採用担当者が把握しきれておらず、間違った応募条件を転職エージェントに伝えてくることなども本当によくあるからです。

こうして考えていくと、面接で会って話すことすらできずに書類選考段階で落とされてしまうというなんとも悲しい経験は、一体どこで生まれているのかということがだんだんとわかってくるのではないでしょうか。

書類選考の犠牲者は、下記のような仕組みによって生まれているのです。


書類選考アウトが生まれる仕組み

整理すると、転職エージェント社内での書類選考も企業内での書類選考も含めて、書類選考で落ちてしまう原因は、基本的に全てが「目線のずれ」により生じるものであり、具体的には、下記の「目線のずれ」が原因となっていることが分かります。

  • 現場の書類選考担当者と、人事部の採用担当者の目線が合っていない
  • 人事部の採用担当者と転職エージェントの企業担当の目線が合っていない
  • 転職エージェント内の企業担当と求職者担当の目線が合っていない

これらすべての目線を一気通貫で合わせれば、少なくとも目線のずれによる書類選考落ちはなくなり、書類選考の通過率は飛躍的に向上します。

いわゆるデキる転職エージェントの企業担当は、企業に深く入り込んでこの仕事をやってのけるので、次々と採用を実現させ、高い業績を確保することができ、カリスマ採用コンサルタントと呼ばれることになります。

応募条件はクリアしていたが、候補者が複数いて相互比較で落とされた

しかし、転職エージェントの企業担当と企業との間でいくら綿密に採用の目線を擦りあわせたとしても、候補者の応募状況によっては、企業の目線がどんどんと上がってきてしまうこともあります。

例えば、分かりやすく人材がA~Eランクまであったとして、今回の応募条件は最低でもCランク以上の人材、書類選考通過枠は3名だったとします。

しかし、いざ求人を開始して蓋を空けてみると、応募してきたのが全員Cランク以上で、Cランクが5名、Bランクが2名、Aランクが1名でした。

これらの候補者の中から比較して通過者を決めるとなると、必然的に採用担当者の目線は上がってしまい、Bランクの2名、Aランクの1名が書類選考に通過し、Cランクの5名は当初の応募条件を満たしているにも関わらず、書類選考アウト、という結果になってしまうのです。

やむをえない理由で落とされた

他にも、応募条件は満たしていも、他の候補者で内定が出てしまった、採用活動が取りやめになった、などやむを得ない理由で書類選考に通過できないケースもあります。

こればかりはタイミングという話ですので、諦めるしかありませんね。

このように、企業内の書類選考で落ちてしまうケースにも、様々なパターンが存在しています。

まとめ

書類選考の不合格って、理由も詳しく教えてもらえないことが多いので、どうしても納得がいかないことが多いのですが、全ての不合格が、あなたの履歴書や職務経歴書に原因があるわけではないということが少しはお分かりいただけましたでしょうか。

また、社内で書類選考をする転職エージェントが、必ずしも悪者ではないということも理解してもらえましたでしょうか。

最後になりますが、分業制ではなく、ひとりのコンサルタントが企業と求職者の両方を担当している両面型の転職エージェントの場合には、基本的に社内での書類選考はないと考えてください。

中には両面型でも、担当求職者が応募した企業が自分の担当企業とは異なる場合に、社内で選考が行われるケースもありますが、両面型の場合、コンサルタントは企業にも求職者にも直接会っているため、それぞれをイメージしながらマッチングすることができます。

なので、わざわざ目線を擦り合わせする必要はないのです。1人脳内会議、1人情報共有会を開催してハイ終わり、という感じのマッチングです。

この場合は、マッチング率の高さは本当にそのコンサルタント個人のマッチングセンスに拠りますので、必ずしも両面型がいいとも言い切れないのですが、どうしても転職エージェント社内で書類選考されるのは納得ができないと言う方は、両面型のスタイルをとっている中小もしくは個人の転職エージェントにご相談されるのがおすすめです。

長くなりましたが、「転職エージェント内で書類選考があるってホント?」という疑問に対して、元・転職エージェントの経験者の視点から、出来る限り真実に沿った内容をお伝えさせていただきました。

それでは本日の記事はこれで終わりにしたいと思います。

あなたの転職がどうか成功しますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です