転職エージェントが求職者の方々にされたら困ることベスト5


本日は、「転職エージェントが求職者の方々にされたら困ることベスト5」と称して、転職エージェントの立場としては「これだけはお願いだから辞めて!」と言いたくなるトラブルをランキングご紹介したいと思います。

転職エージェントで働いていると、日々色々なトラブルが起こります。転職エージェントは「人」に関わるビジネスですから、様々な人間模様があり、泥臭く理不尽なことが数多く起こります。今回ご紹介するのは、そんな中でも比較的よく起こるトラブルばかりです。

これから転職エージェントを利用して転職をしようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

第5位:面談に来ない

キャリア面談の約束をしたのに、時間になっても来ない方。

どんな事情があるにせよ、もし面談に行けなくなったのであれば、せめて連絡だけでもしてほしいものです。

転職カウンセリング面談は、求職者の方からすればプライベートな相談でも、転職エージェントからしてみればビジネスなのです。

くれぐれも連絡なしのドタキャンなどをすることがないように。

一度そうした不誠実な対応をしてしまうと、その後の求人紹介などに関わることもありますので、気を付けましょう。

第4位:面接にドタキャンする

キャリアアドバイザーとの面談をドタキャンするだけであればまだ被害は少ないのですが、それより遥かに困るのが、企業とセッティングした面接をドタキャンするケースです。

実際に面接のドタキャンや無断欠席は意外に多く、転職エージェントの社内ではこれまで何人の営業担当があなたの代わりに企業に対して謝罪したか分かりません。

企業側も、あなたとの面接のためにわざわざ時間を空けておいてくれているのです。面接を対応するのは管理職以上の方となるケースも多く、彼らの忙しさは尚更です。

あなたの評価はもちろんですが、あなたを紹介した転職エージェント自身にも当然ながら紹介責任が問われ、こうしたドタキャンが続くと、取引が停止となってしまう可能性もあります。

社会人としての最低限のマナーはしっかり守りましょう。

第3位:面接で「紹介されたので来ました」と言う

面接には来たものの、面接の場で志望動機を聞かれた際に、「転職エージェントから紹介されたので来ました」と言ってしまう方。

これも意外に良くあるケースですが、絶対にNGです。確かに紹介されたから来たことには間違いありませんし、中にはあまり乗り気ではないのに強く薦められたからとりあえず面接を受けてみたということもあるかもしれません。

しかし、あくまで最終的に応募意志を示したのはあなたであり、企業はそのあなたのために面接の時間をとってくれているわけです。相手に対して最低限の誠意は示しましょう。

こうした面接の場における失言によって、これまでにどれだけ多くのクレームが企業から転職エージェントに寄せられたか、数え出したらきりがありません。

第2位:入社意思を伝えてから入社を辞退する

いよいよ、第2位です。これはそれほど頻繁には起こりませんが、稀に、一度は「入社します」という意思を伝えておきながら「やっぱりやめました」と入社を辞退するケースがあります。

家庭の事情ややむを得ないケースであれば仕方がありませんが、特別な事情がない限り、こうした入社意思を決定後の入社辞退は、転職エージェント、企業に対して大きな損失が発生します。

企業は入社するあなたのためにデスクやPCなどの備品を準備しているかもしれませんし、あなたの入社によって社内人員の異動を計画している可能性もあります。

あなたが「入社します」と言ったことで、既に物事はあなたの知らないところでどんどんと前に進んでいき、結果として色々な人に影響が及んでいるのです。

また、あなたの採用が決まったことで企業が採用活動を停止したのであれば、その間の採用機会の損失にもつながっていますので、企業だけではなく、他の求職者の転職機会も奪ったことになります。

こうした入社前辞退のトラブルにより、企業側が転職エージェントに対して損害の賠償を求めるケースも少なくありません。

それほど、「入社意思を伝える」ということは重い決定だということです。ぜひ心に留めておきましょう。

第1位:入社後、すぐに辞める

さて、いよいよ第1位です。これは、もしかすると入社意思決定後の辞退よりも頻繁に起こっているトラブルかもしれません。

転職エージェントで働いていると毎日のように「入社して1日で辞めた」「入社初日なのに来ない」などのトラブルを耳にします。

入社して1ヵ月で辞めた、などであればまだ話は分かるのですが、数日で辞めたとなるとさすがに企業や転職エージェントの立場からみても「?」と疑問符が湧いてしまいます。

また、その理由が企業側にあるケースであればまだ分かりますが、「想像していたのと違った」「対応が冷たかった」「職場に馴染めなかった」など短絡的な理由で数日間で退職してしまう方も少なくありません。

アルバイトの採用であればまだしも、社員としての転職ともなれば、そうした自分本位な理由での退職は到底理解され難いのが通常です。あなたが一度でも入社したことで、受入れ先の企業や人事手続きや備品準備など、既に様々なコストを支払っているのです。

こうしたトラブルによって企業と転職エージェントの関係性が悪化することもしばしばあります。

企業からすると「なんであんなやつを紹介してきたんだ」と怒りの矛先は転職エージェントへと向くからです。

番外編:前職を辞めていなかった

番外編トラブルとして、なんと、転職先に入社した後に、実は前職を退職していなかったことが発覚した、というケースも実際にありました。

しかもその方はまさにエリート中のエリートとしてキャリアを積んできた方で、誰もが知るような大手企業から同業界のライバル企業への転職だったので、その事実を聞かされた瞬間は、転職エージェントの社内スタッフ全員が耳を疑いました。

どんなにエリートの方でも、時として信じられないような過ちを犯してしまうことがあるとそのとき実感しました。

社会人としてのマナーが大事

いかがでしたでしょうか?上記のように、求職者の行動ひとつが、転職エージェントや企業に大きな損害をもたらすケースは決して少なくありません。

転職エージェントを利用して転職活動をする際は、最低限、社会人としてのマナーをしっかりと守るように心がけましょう。

転職活動は人生をかけたプロジェクトですので、ときには思い悩んで結果として周りに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

そんなときでも、迷惑をかけた相手に対して誠実な対応を心がけていれば、決して大きなトラブルにはなりません。

あなたの転職活動には、あなた自身やあなたの家族だけではなく転職エージェント社内の様々なスタッフや応募先の企業の社員など、様々な人も巻き込まれていることをくれぐれも忘れないようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です