複数の転職エージェントに登録したほうが良い3つの理由


転職エージェントを活用して転職をしようとお考えの方は、ぜひ複数の転職エージェントに登録して転職活動を進めることをおすすめします。

ここでは、複数の転職エージェントに登録したほうが良い理由を3つに絞ってご紹介したいと思います。

  • 非公開求人を網羅できる
  • キャリアアドバイザーのアドバイスを客観的に受け止められる
  • サービスの品質が上がる

さて、それではそれぞれのポイントについて詳しくご説明していきます。

1,非公開求人を網羅できる

まず一つ目の理由として挙げられるのは、複数の転職エージェントに登録することで「非公開求人を網羅できる」ということです。

当然ながら、転職エージェントによって保有している求人には差があります。大手の転職エージェントであれば全ての求人を網羅しているというわけではなく、中小のエージェントや業界・職種特化型のエージェントしか保有していない求人なども存在しているのです。

あなたが転職活動をするとき、全ての転職エージェントに登録することはないように、企業が採用するときも、全ての転職エージェントを活用するわけではありません。

企業の中には利用する転職エージェントを1社に絞っているところもありますし、一般的には応募者管理の煩雑さを考慮して、3社~5社程度に絞っているところが多いようです。

外資系企業の場合は、転職エージェントの数にはこだわらず10~20社以上のエージェントを活用している企業などもよくあります。

企業側が利用する転職エージェントを絞るということは、当然ながら転職エージェントによって保有する求人には差が出てくるということです。

ちなみに、一社の転職エージェントがその企業に独占的に入り込んでいる場合、業界内では「独占求人」などと呼んだりしますが、転職エージェントの営業担当としては、企業が保有している採用枠のうち、いかに自社経由の採用シェアを高めることができるか、というのが営業上の目標となるのです。

このように、世の中にある求人をできる限り多く網羅しようと思えば、必然的に複数の転職エージェントに登録したほうが、アプローチできる求人の幅は広げられるのです。

ちなみに、転職エージェントの業界慣習として、一般的に大手の転職エージェントよりも中小の転職エージェントのほうが採用時の成功報酬を安く設定している傾向があります。

そのため、採用にあまり費用をかけられない中小企業やベンチャー企業の場合、あえて大手の転職エージェントを利用せずに中小のエージェントだけを利用しているケースなども見られます。

中小企業やベンチャー企業への転職をお考えの方は、大手の転職エージェントだからという理由で登録するのではなく、中小の転職エージェントを中心に登録したほうが結果として選択肢が増えるという可能性もあるでしょう。

2,キャリアアドバイザーのアドバイスを客観的に受け止められる

転職エージェントに複数登録することで得られる2つ目のメリットは、キャリアアドバイザーからのアドバイスを客観的に受け止められるということです。

転職エージェントを1社しか利用していないと、担当してくれるキャリアアドバイザーは1名ですから、そのアドバイザーの意見が本当に正しいのかどうかを客観的に判断することはできません。

しかし、複数の転職エージェントに登録すれば、複数のキャリアアドバイザーから意見をもらうことができますので、それぞれのアドバイザーの意見をより客観的な視点から受け入れることができるようになります。

特にキャリアアドバイザーは何か専門的な資格がいる職業ではありませんので、担当してくれたアドバイザーが本当に転職のプロフェッショナルなのかどうかも分かりません。

それゆえ、転職アドバイスには得てしてキャリアアドバイザー個人の知識と経験に基づく主観が入りこむものです。

アドバイザーの主観で自分の人生を決められてしまっては困りますので、それを防ぐためには、複数のアドバイザーに担当してもらうことで、様々な意見を基に客観的にアドバイスの内容を判断できるようにしておく必要があるのです。

3,サービスの品質が上がる

これは実際に転職エージェントで働いた経験がある立場でなければ思いつかないかもしれませんが、複数の転職エージェントを利用し、その旨をキャリアアドバイザーにも伝えていれば、受けられる転職支援サービスの質が上がる可能性もあります。

キャリアアドバイザーとしては、自分が担当している求職者が他の転職エージェント経由で転職を決めてしまうことは一番避けたい事態だからです。

転職エージェントを併用していることを伝えれば、なんとか他社経由ではなく自社経由で転職してもらおうと、レスポンスのスピードが上がったり、求人の紹介量や紹介の質が上がることもあるでしょう。

良い意味で複数の転職エージェントに競ってもらえる環境を作ることで、結果として手厚い転職サポートを受けられる可能性もあるのです。

転職の成功確率が上がる

ここまで、複数の転職エージェントに登録したほうが良い3つの理由をご紹介してきましたが、実は、実際に複数の転職エージェントを利用した方のほうが、転職の成功確率が高いというデータも出ているのです。

最大手転職サイト「リクナビNEXT」が実施した調査によれば、転職の成功者が何社の転職エージェントを活用していたかを調査したところ、 下記のような結果が出ています。

  • 転職決定者:平均4.2社
  • 全体:平均2.1社

上記のデータからは、より多くの転職エージェントを併用した方のほうが、結果として転職が決定していることが分かります。

転職エージェントを多く利用したことで転職が決定したのか、転職エージェントを多く利用しようと思うほど積極的な人だからスムーズに転職が実現したのか、利用社数と成功確率の因果関係についてまでは分かりませんが、興味深いデータであることには変わりません。

複数のエージェントを併用すれば、上記のように様々なメリットを得ることができますので、ぜひ転職エージェントを活用して転職する場合は、少なくとも2~3社のエージェントに登録するようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です